【髪】江戸時代の食生活の変化、書物の紙に混ざった毛髪で判明

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8B4HSGL8BPLBJ001.html?ref=tw_asahi

江戸時代の食生活の変化、書物の紙に混ざった毛髪で判明
野中良祐
2018年8月14日18時5分

 江戸時代の書物の紙に含まれていた毛髪を分析したところ、当時の庶民の食生活が見えてきた――。そんな研究結果を14日、龍谷大などの研究チームが発表した。時代が進むにつれて、海産魚をよく食べるようになったことなどが、元素の分析から推定されるという。

 龍谷大の丸山敦准教授(生態学)によると、江戸時代の都市では出版ブームが起こり、たくさんの書籍が発刊された。大量の紙が必要なことから、古紙の回収や再生紙づくりも盛んになり、この過程で毛髪が紙に埋め込まれた。これらの毛髪は、たまたま混入した可能性のほか、耐久性を上げるための材料として、意図的に混ぜられたとする説もあるという。

 チームは、江戸時代に作られた書物から、130サンプルの毛髪を採取。炭素や窒素の同位体の割合を分析し、食生活を調べた。

 その結果、1700年以降の200年間に、海産魚を食べる割合が徐々に増加していったことが裏付けられた。漁業技術が発達し、ニシンなどの漁獲量が増えたことが背景とみられる。
 地域別にみると、江戸では、ヒエやアワなどの雑穀を食べる割合が比較的多かった。「江戸患い」と呼ばれた脚気が流行したため、ビタミンを含む雑穀を食べる健康法が広まっていた可能性があるという。

 丸山さんは「今後、飢饉(ききん)などの大きな出来事の前後で食生活が変わったかどうかについても、詳細に調べたい」と話している。(野中良祐)

【大塚家具】戦略を読み違えた大きなポイント 久美子社長のエリート意識、父・勝久氏の完全排除

メディアなどの物言いを見てみると、ひとつは低価格家具販売という領域は当時すでにマーケットシェアが固まりつつあり、
後発で新規参入するにはそれなりのインパクトが求められていた。

しかし、大塚家具の価格設定はそのインパクトに乏しくやや中途半端な印象に終わってしまったのだと。
もう一つは、世間を賑わせた「親子喧嘩」の印象があまりに悪く、会社自体のイメージダウンから客足が遠のく原因となったのだと。
これらが同社の業績低迷の原因としてあげられています。

■久美子社長を「暴走」させたエリート意識
※総踊りスレ

それらに加えて、私は久美子社長が戦略を読み違えた大きなポイントとして、勝久氏の完全排除という問題があったように思っています。
勝久氏は創業者であり、定時制高校を卒業後、実家の桐箪笥製造業から独立して家具販売業を立ち上げ、
ジャスダック上場の企業にまで成長させた立志伝中の人物です。

会員制を導入し、来店客に接待係が付いて回ることでコンサルティング的な総合アドバイスを通じて家具のまとめ買いを促す、
というそれまで他社に類を見ない戦略で業績を拡大し続けてきたのです。
もちろん、勝久氏のやり方は時代の流れとともに見直しが必要な時期に来ていたのは、明らかな事実であったでしょう。

しかし、勝久氏は言ってみれば生きた「社史」そのものです。そこに敬意を払うことなく切り捨ててしまった久美子社長は、
事業承継型企業経営者が押さえるべき、最も重要な要素のひとつを自ら手放してしまったことになるのです。

では、なぜそんなに重要なものをいとも簡単に手放してしまったのか――。
広く2代目、3代目経営者のみなさまに参考になるポイントでもあるので、この点にも言及しておきます。

久美子社長にみる創業者排除の大きな原因として、2代目、3代目にありがちな「独自路線」への創造欲を見ることができます。
すなわち、事業を立ち上げそれを大きく成長させてきた創業者に対する対抗意識が、独自路線創造欲としてそれを引き継ぐ者には現れがちなのです。

さらに悪いことに久美子社長は一橋大学卒業後、富士銀行勤務を経て当社に入るという、社会的超エリートであったことが拍車をかけたと言えます。
エリート後継者が叩き上げ創業者への対抗意識から、理論的に整理された机上論をかざして過去を否定し新路線を突っ走る、
そんな後継戦略が一敗地にまみれる姿を、私は現実に多数目にしています。

■父・勝久氏

親子はたとえ関係を断絶しようとも、いいにつけ悪いにつけ、決して断ち切れない血のつながりが残ります。
他人同士の間では無意識に働く相手に対する遠慮や、お互いの侵されざる領域の存在意識などから、
相手を徹底的に打ちのめしたりしない、決定的な断絶を避ける力が働きます。

しかし、親子という特別な血縁関係では、徹底的にやりあっても血の繋がりは決して消えることがないという無意識の甘えによって、
つい決定打を放ってしまうことがあるのです。
そんな流れで「社史」を軽ろんじるだけでなく、「社史」に目をくれることもなく破り捨ててしまう。

成功した創業者とその後継者、親子間における事業承継の難しさはこんなところに存在しています。

大塚家具の「社史」には、恐らくその歴史を支えてきた多くの支援者や大塚家具ファンのコアな顧客層が存在していることでしょう。
先代と後継、どちらのやり方が全面的に正しく、どちらのやり方が決定的に間違っているということではなく、
経営の難局に相対した場面においては「社史」を読み返しながらヒントを得つつ、新しい考え方ややり方に取り組んでいく、
そんな姿勢が危機打開の糸口を作ってくれるのではないかと思います。

今、久美子社長が「社史」の重要性に気がついて、主体的に歩み寄れるか否かに、大塚家具の運命がかかっているように思います

https://www.j-cast.com/kaisha/

【国際】米国、最新鋭ステルス戦闘機「F35」のトルコへの売却を凍結 両国関係のさらなる悪化が懸念

アメリカ人牧師を拘束したトルコに圧力を強めるアメリカは、
最新鋭のステルス戦闘機「F35」のトルコへの売却を凍結し、両国関係のさらなる悪化が懸念されます。

トルコ当局が、おととし起きた軍のクーデター未遂事件に関わったとしてアメリカ人牧師を拘束していることをめぐって、
トランプ大統領はトルコからの鉄鋼やアルミ製品の関税の引き上げを決めるなど圧力を強めています。

トランプ大統領は13日、最新鋭のステルス戦闘機「F35」のトルコへの売却を凍結する条項を盛り込んだ国防権限法案に署名し、法律が成立しました。

国防権限法では、トルコ政府がアメリカ人牧師らを不法に拘束していると指摘し、牧師らを直ちに解放するよう求めています。

そのうえで、ロシア製の地対空ミサイルを導入するトルコがアメリカの兵器システムに影響を与えないとアメリカ議会が確認できるまで、トルコへのF35の売却を凍結するとしています。

トルコでは、アメリカの圧力強化を受けて通貨リラが急落するなど影響が広がる一方、
エルドアン大統領はアメリカへの反発を強め、両国関係のさらなる悪化が懸念されます。

トルコ メディアが速報

アメリカが「F35」のトルコへの売却を凍結したことについて、トルコのメディアは速報で伝えました。
アナトリア通信は、トルコは1999年からF35のプロジェクトに関わり、トルコの企業が部品の一部を生産してきたと伝えています。

F35をめぐってはトルコの大統領府の報道官が先月、
「もしF35の引き渡しを遅らせたり妨げたりする手段がとられれば、トルコは法的な手段に出る」と発言し、トルコ政府の反応が注目されます。

米大統領補佐官がトルコ大使と協議
ホワイトハウスは13日、声明で、トランプ政権で安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官がワシントンに駐在するトルコ大使と会談したことを明らかにしました。

会談はトルコ側の求めに応じて行われ、アメリカ人牧師の拘束をきっかけに悪化している両国関係の事態打開に向けて協議したということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180814/k10011576111000.html

夫婦(計142歳)でスキューバダイビング 妻溺れ死亡・和歌山県白浜町

白浜でダイビングの女性溺れ死亡

http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20180814/2040000732.html
NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

14日昼ごろ、白浜町の沖合でダイビングをしていた大阪の
69歳の女性が溺れ、病院に運ばれましたが死亡しました。
警察が、当時の状況を調べています。

14日午後0時半ごろ、白浜町椿の沖合でスキューバダイビングをしていた大阪・東住吉区
食品販売業、福田英子さん(69)が溺れているのを一緒にダイビングをしていた
73歳の夫が見つけました。
夫が福田さんを抱えて浜辺まで連れて戻り、その後、病院に運ばれましたが、
およそ2時間後に死亡が確認されました。

警察によりますと、福田さん夫婦は、14日正午ごろからスキューバダイビングをしていたということで、
警察では、当時の詳しい状況を調べています。

08/14 17:52

【山形大雨】災害廃棄物189トン…処理未策定

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50079.html

山形大雨、災害廃棄物189トン…処理未策定
2018年8月14日 18時03分

 山形県内で5~6日に降った記録的な大雨で出た災害廃棄物が12日現在で計約189トンに上ることが、県のまとめで分かった。一方、環境省が各自治体に策定を求めている災害廃棄物の処理計画について、県内では県以外の35市町村のいずれも計画を策定しておらず、県の担当課は「災害はいつ起きるか分からない。効率的なゴミ処理のためには計画策定が必要」として、策定を後押しする考えだ。

 県循環型社会推進課によると、大雨による各自治体の災害廃棄物は、戸沢村で年間のゴミ処理量の約8分の1にあたる約168トン、鮭川村で約21トンに上っている。ただ、床上、床下浸水の被害は12市町村に上っており、ゴミの量は今後も増える見込み。両村によると、プラスチック、畳などのゴミが多かったという。

 戸沢、鮭川の2村では廃棄物の仮置き場が設けられ、12日までにゴミの搬出が終わり、すでに閉鎖された。廃棄物の収集や運搬にかかった費用の大部分に、今後、国の補助金が充てられる見通し。

 一方、東日本大震災などを受け、環境省は災害廃棄物対策指針に基づき、災害発生時に想定されるゴミの量や処理可能量、仮置き場の候補地などを盛り込んだ処理計画を策定するよう自治体に求めてきた。

 県は今年3月に計画を策定したが、35市町村はいずれも計画が未策定だ。

 今回の大雨で鮭川村では、想定以上に災害廃棄物の量が多く、処分場へ運ぶ収集車が足りなくなった。村の担当者は「今後、処理計画を策定するなかで、適正な台数などを事前に把握しておくことが大事だと痛感した」と話している。

 県は、2020年度中の計画策定を全市町村に求めており、今後は担当者を集めた研修会などを行うことで、策定を後押しするという。

【兵庫】教室で携帯電話めぐりもみ合いに 中2男子が男性教諭にひざ蹴り

兵庫県警西脇署は14日、傷害の疑いで兵庫県多可町内の中学2年の男子生徒(14)を逮捕した。

 逮捕容疑は1日午前10時50分ごろ、男子生徒の通う中学校の教室で、男性教諭(37)の首をつかんで投げ飛ばしたり腹部を膝で蹴ったりして、目などに全治2週間のけがを負わせた疑い。

 同署によると、夏休みの補習で登校した男子生徒が、教室で触っていた携帯電話を男性教諭に取り上げられそうになり、もみ合いになったという。

8/14(火) 18:35配信
神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000016-kobenext-l28

【ニュー速+の記者★配ります】ローカルニュースの事件と事故でスレ立てしてくれる人を優遇します

■PLUSボランティアアプリケーション
http://plus.2ch.net/

入力の仕方は以下を参考にしてくれ↓

ペンネーム ⇒ 使いたいハンドルネームを入れる
ネームの最後に必ず「アリ」を入れること
(例)あんこアリ ★

電子メールアドレス ⇒ プロバイダーのものでも、フリーのメールアドレスでも可

アプリケーションボード ⇒ https://rosie.5ch.net/editorialplus/ ←これを記入

レポーターの資格と経験 ⇒ 何でもいいから意気込みを書くように

キャップパスワードが届いたら「◯◯アリ」のキャップを付けて以下のスレに集合してください。

【這い上がれ】報告アリ!【アリ専用】 ★2
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1533730251/