【アニメ】小学生と幽霊の物語『若おかみは小学生!』が日本に先駆けフランスで公開決定!

令丈ヒロ子の同名児童文学シリーズが原作のアニメ『若おかみは小学生!』が9月21日の日本公開に先がけ、9月12日にフランスで公開されることがわかった。
同作品は先ごろフランスで行われた世界最大級のアニメーション映画祭である第42 回アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門でワールドプレミア上映されて好評を得ており、一般公開に先駆けて幸先の良いスタートを切った。

 同作は、“おっこ”こと小学生6年生の関織子が主人公。交通事故で両親を亡くした おっこは祖母が営む春の屋旅館に住むことになり、そこに住み着く幽霊のウリ坊の策略で後継候補として若おかみ修行をすることに。
奇妙な幽霊やさまざまな事情を抱えた客と接しながら悲しみを乗り越え、人としても成長していくハートウォーミング・ストーリーだ。

 テレビシリーズ版は4月8日よりテレビ東京系で放送中。劇場版と同じマッドハウスとDLEが制作を行っているが監督と脚本が異なり、劇場版の監督を『茄子 アンダルシアの夏』(2003)の監督や、『風立ちぬ』(2013)の作画監督を務めた高坂希太郎
脚本を『ガールズ&パンツァー 劇場版』(2015)や『夜明け告げるルーのうた』(2017)、『リズと青い鳥』などを手がけている売れっ子の吉田玲子が担当していることでも注目だ。

 監督と脚本をテレビ版と分けたことについて、齋藤雅弘プロデューサーは「テレビ版は小学校高学年、劇場版は幅広い層にとターゲットを分けています。
具体的な例を言うと、テレビ版では小学生に対して死の描写を詳細に描くのは得策ではないと考えて、あまり描かなかった交通事故のシーンを、劇場版ではちゃんと表現しています。
それはおっこの行動原理となる両親の死を丁寧に描かねばならないと思った判断からです」と説明した。

キャスト
関織子(おっこ):小林星蘭
ウリ坊(立売誠):松田颯水
秋野真月:水樹奈々
関峰子:一龍斎春水
田島エツ子:一龍斎貞友
蓑田康之介(康さん):てらそままさき
鈴鬼:小桜エツコ

https://img.cinematoday.jp/a/N0101616/_size_640x/_v_1529318159/02.jpg
https://img.cinematoday.jp/a/N0101616/_size_640x/_v_1529318159/03.jpg
https://www.cinematoday.jp/news/N0101616