【アニメ】「若おかみは小学生!」アヌシー映画祭で上映! 盛大な拍手に高坂希太郎が感謝

フランス現地時間6月14日、アヌシー国際アニメーション映画祭2018にて長編コンペティション部門出品作「劇場版『若おかみは小学生!』」が上映され、監督の高坂希太郎とプロデューサーの齋藤雅弘が舞台挨拶に登壇した。

令丈ヒロ子の児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」をもとにした本作は、交通事故で両親を亡くし、祖母が営む温泉旅館で若女将として奮闘することになった小学6年生の関織子、通称おっこを主人公とする作品。
テレビアニメ版では描かれていない、おっこと両親の物語も盛り込まれる。

上映前の舞台挨拶にて、高坂は「仕事が自分を作るとか、我を忘れて仕事するといったような、自分のことよりも人のために尽くすことで成長していくという物語に興味を持ちました」と本作の魅力を強調。
齋藤は「映像の隅々にまで監督の気持ちが詰まっているので片時も見逃さないようにしてほしいです」と観客に呼びかけた。

2人の登壇前から、同映画祭名物の高揚した観客による紙飛行機が飛び交い大盛況ぶりを見せる会場。いざ上映が始まると945席を埋め尽くす観客は、おっこのひたむきな姿に時に笑い、時に涙して作品を堪能した。
約90分の上映後には拍手が鳴り響き、高坂は「緊張した」と振り返りながら温かな反応に感謝の意を示した。

「劇場版『若おかみは小学生!』」は、9月21日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

キャスト
関織子(おっこ):小林星蘭
ウリ坊(立売誠):松田颯水
秋野真月:水樹奈々
関峰子:一龍斎春水
田島エツ子:一龍斎貞友
蓑田康之介(康さん):てらそままさき
鈴鬼:小桜エツコ

https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0615/annecy2018_04_fixw_750_lt.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0530/wakaokamihashougakusei_201805_fixw_750_lt.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/eiga/2018/0404/wakaokamihashougakusei_201804_01_fixw_750_lt.jpg
https://youtu.be/SijUMOSkoLQ
https://natalie.mu/eiga/news/286905