【哀悼の意】死去した翁長知事 安倍首相「沖縄の発展に尽くされた貢献に敬意を表したい」

安倍晋三首相は9日、長崎市で記者会見し、8日に死去した沖縄県の翁長雄志知事について
「沖縄の発展に尽くされた貢献に敬意を表したい」と述べ、哀悼の意を表明した。
その上で、沖縄県の基地負担軽減と経済振興に全力を挙げる方針を強調した。

これに先立ち、菅義偉官房長官も会見で「突然の訃報に大変驚いており、謹んでお悔やみ申し上げたい」と述べた。
米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関しては、
「日米同盟の抑止力の維持、普天間飛行場の危険除去を考えたときに唯一の解決策ということに変わりない」と強調。

政府が17日に予定している移設埋め立て海域への土砂投入については具体的な言及を避けた。
 翁長氏は普天間飛行場の県内移設に強く反対し、安倍政権と対立してきた。
沖縄県は、埋め立て承認の撤回に向けた手続きとして、防衛省沖縄防衛局から弁明を聞く「聴聞」を9日午後に行う予定だ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080900552&g=pol