【USA】米オハイオ州 注目の補欠選挙 トランプ大統領が勝利宣言

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180809/k10011570171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

オハイオ州 注目の補欠選挙 トランプ大統領が勝利宣言
2018年8月9日 3時47分トランプ大統領

秋のアメリカ議会の中間選挙を占うオハイオ州での下院の補欠選挙は、選挙結果の確定が持ち越される大接戦となりました。最新の集計では共和党候補が優勢で、トランプ大統領は勝利を宣言しましたが、民主党側の激しい巻き返しに今後、態勢のたて直しも迫られそうです。

中西部オハイオ州で7日行われた連邦議会下院の補欠選挙は、11月の中間選挙を占う前哨戦として全米で大きな関心を集めました。

地元の選挙管理委員会によりますと、最新の集計では共和党のボルダーソン候補の得票率は50.2%、民主党のオコナー候補が49.3%で、ボルダーソン候補が優勢となっています。
集計はほぼ終わりましたが、「暫定投票」という制度を利用した人たちの票の審査に時間がかかるため、選挙結果の確定は今月中旬以降に持ち越されるとみられます。

ただ報道では共和党候補の優勢は覆らないという分析も伝えられ、トランプ大統領は7日、ツイッターに「大きな勝利を祝福したい」と投稿し、勝利を宣言しました。

今回、選挙が行われた選挙区は共和党が30年以上、議席を守り続ける伝統的な保守地盤で、トランプ大統領も今月、みずから応援に入りました。

しかし結果として民主党候補が極めて僅差に迫る大接戦となり、民主党側の巻き返しが強く印象づけられたことで、アメリカのメディアはトランプ政権に対する反発が表面化したとも伝えていて、共和党側として今後、態勢のたて直しも迫られそうです。