【通信】今年は「iPhone XS、iPhone XS Plus、iPhone 9」が登場する?

「S」モデルが復活?

新型iPhoneの予測で一番難しいのが、その名称です。
例年のiPhoneでも、スペック情報は判明しても名称は正式発表直前までわからないことがよくあります。
一方海外では、今年の新型iPhoneの名称は「iPhone XS」「iPhone XS Plus」「iPhone 9」になるとの情報が流れているのです。


トップ画は、フランス語サイトのLes Numeriquesが掲載した画像です。
なにやら6.5インチと5.8インチの有機ELディスプレイ搭載モデルがiPhone XSとiPhone XS Plusに、
そして6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルがiPhone 9になると書き込まれていますね。

また6.5インチと5.8インチモデルにデュアルカメラが、そして6.1インチモデルにシングルカメラが搭載されるという情報も、これまで語られてきたとおり。
全機種がガラス製バックパネルを搭載し、ワイヤレス充電に対応するようです。
さらに画像からは、全機種に「ノッチ」が搭載されてることもわかります。

これまでApple(アップル)はiPhoneのネーミングとして、「iPhone 4SiPhone 5iPhone 5S」のように1年おきに「S」付きモデルを投入してきました。
それを考えれば、昨年登場した「iPhone X」の次がiPhone XSでもなんら不思議ではありません。
一方、「iPhone 8」の次がiPhone 9なのは、アップグレードをわかりやすくアピールするという狙いがありそうです。

ただし今回の画像はその出処や信憑性が確認できず、フェイクの可能性も十分にあります。
おそらく今年も発売直前まで議論が耐えないであろう、新型iPhoneの名称。みなさんはどんな名前の新型iPhoneが欲しいですか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010003-giz-sci
8/14(火) 12:41配信

https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/08/09/20180809niphnoes-w960.jpg