【兜蒸し】猛暑で観察施設のカブトムシ半減 衰弱死が3千匹で生存は数十匹 兵庫「かぶとむしど~む」

兵庫県市川町下牛尾の「リフレッシュパーク市川」内のカブトムシ観察施設のカブトムシが7月以降、次々と衰弱死し、残り数十匹となった。同パークなどによると、累計で3千匹近くが死んだという。猛暑の影響とみられ、過去約20年間で例のない被害という。
 同パークの「かぶとむしど~む」は1996年から毎年夏季限定で営業。例年、ネットで囲われた約千平方メートルのコナラ林に数百匹を放ち、その後、死んで減る分を補う。今年は6月下旬に約250匹を放ったが、補っても追い付かない状況が続いている。受託運営する昆虫飼育用品販売会社「クワちゃんハウス」(姫路市)は「厳冬でもともと幼虫が少なかったところに、暑すぎる夏。あちこちで買い集めてもとうてい足りない」。

 気象庁によると、同町に近い福崎町の観測点では、7月14日以降14日連続で猛暑日となり、24日には過去最高の38・8度を記録した。同社は「ネットで囲っている以外はそのままの自然環境。これだけ暑い日が続いて雨も降らないと、対策がない」と肩を落とす。

 一方、同社は「全滅したわけではない。少し気温が下がる夕方などにのぞきに来てもらえたら元気なカブトムシが待ってます」と19日まで営業を続ける。リフレッシュパーク市川
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201808/0011542230.shtml
https://i.kobe-np.co.jp/news/sougou/201808/img/b_11542231.jpg